第92回NHK放送記念日に。

2017.3.17(金)
本日はNHK福岡放送局に、
JOY倶楽部の代表を努める鈴木靖葉さん到着
出迎えて下さったのは、昨年『つながるコレクション』でお世話になった澤邊さん。




アトリエブラヴォカレンダー2014 梱包ボランティアのお願い。

JUGEMテーマ:アート・デザイン


来年のアトリエブラヴォカレンダー2014が発売開始となりました。

毎年これから年末の時期はイベントとカレンダー発送作業で
アトブラもかき入れ時となります。
皆さんのお力をお借りしたく今年もカレンダー梱包作業のお手伝いを募集致します。
お忙しい中大変恐縮ですが9月よりJOY倶楽部までご足労いただき
お手伝い願えればと思っております。よろしくお願い致します。
ご友人などお知り合いの方でお手伝いしてくださる方がありましたら、是非ご案内ください。

図鑑がほしい。

アトブラはよく動物を描いています。
…動物好きな人が多いんです。


緊急にお願い2(サンセットライブ舞台美術)

サンセット、どんどん進んでいます。
チラシもちまたにいろんな種類が出ているようです。
ちょっとずつ絵のトリミングとかイラストの位置が違うんですね〜、ナルホド。
サンセットチラシ
Tシャツはすでにお店で先行販売中です。
高田さんのモデルでTシャツ紹介!!

フロント


バック


モデルの高田さんが自分に陶酔しきっているため、
デザインを綺麗にみせるというよりは
高田さんを見て!という写真になってます…。

販売場所は大名!
本田さんが大賀薬局さんの壁に描いたヘビの絵の近くです。

店名:GooTee
住所:福岡市中央区大名1丁目15-7 ネオハイツ大名1FC-2
電話:092-724-5622
HP:http://gootee.mobi/

※現在、先行販売でかなり売れているそうです!
サンセットライブ前の9月2日までの先行販売です。
ゲットしたい方は是非に!!!
私はもう入手しましたがね…(ウフフ Hiro)

そしてアトブラ、
先日の、緊急にお願い(サンセットライブ舞台美術)では
CD−R集めに沢山の皆さんのご協力をいただきましてありがとうございました。
おかげさまで
8月18日に、昔からお世話になりっぱなしの
共星の里の音楽館(おんらくかん)にて無事に舞台美術制作で
CD-Rに色を塗ったり、貼付ける場所を検討したりすることが出来ました。

みなさま、本当にありがとうございました。

さて、サンセットライブの舞台美術
八尋晋さんとのコラボ
クォンタイズとのコラボ
ドキドキハラハラしながらも大旨順調に進んでいます。

ですが、実は皆様にまたも!呼び掛けしたい
緊急にお願いがあるのです。



緊急にお願い(サンセットライブ舞台美術)

現在作品展「とこなつココナッツ」の会期中ですが、それとは別に

緊急にお願いがあります!

もう街角そこここに貼ってあるポスターや
シティ情報ふくおかでご存知の方も多いと思いますが
ここであらためまして
アトブラ、ポスターやチラシ、Tシャツ、タオルに続いて
第17回目のサンセットライブの会場美術を担当します。

現在アトブラは始まって以来何度か訪れた
バケツをひっくり返したような忙しさ?
盆と正月が一緒に来たような??
それは
時代は彼らを捕まえた、というくらい
いよいよ脚光を浴びるべきアーティスト2組とのコラボ実現!!!


障害者週間シンポジウム@福岡

2008.12.9、久々に晴れ間の火曜の午後
今までは東京でのみあっていたという
障害者週間(12/3~9)の内閣府主催の催しが
今年は地方都市を巡回するポスター展だったり
シンポジウムは東京からあちこち回って最後が福岡。
その
障害者週間シンポジウム@福岡
ー共に創り、共に楽しむ:障害者の文化・芸術活動ー
に行ってきました。

ふくふくプラザ(福岡市市民福祉プラザ)
入り口を入ると早速葦の家の段ボール作品がお出迎え。
葦の家段ボールの人

それから、私のお気に入り
今回の、エイブル・アート近畿2008「ひと・アート・まち 奈良」のチラシに使われていた
FURUTANI HIDEOさんの
ふるたにひでお

職員原田の思うこと

9月15日(月・祝)のTV放送
「アトリエ ブラヴォ 夢のニューヨークへ行く!」
たくさんの方に観て頂けたようで
やはりいろいろと反響がありました。

グッズを買いたい!
だったり、

見学に行きたい!(千葉や長野)
だったり、

取り組みがいい
だったり、

絵を購入したい
だったり、

うちの子に障がいがあるのでどんな風な対応を
したら良いかの相談だったり、

その他にもたくさん!
とてもありがたいことです。

その中で気になったことがありました。

アトリエ ブラヴォ 2月の普通の日々

「いよいよアトブラがソニーでデビューします。」
というメールをくださった放送作家の山本憲一郎さん、
出会いはRKBTV九州青春銀行でした。
ソニーの通販サイト、ソニースタイルでアトブラを紹介してくれています。

アトリエ ブラヴォ 2月の普通の日々
↓クリック!
http://www.jp.sonystyle.com/Special/Moviestory/0215.html

そして、
いつもちょっと福岡で時間が出来ると来てくださり
カメラをまわしていたり、パソコンに集中していたり
かと思えば横目でメンバーをじっと見ていたり
逆にメンバーにからかわれていたり?
アトブラに溶け込みすぎていて
どこにいるのかわからないこともしばしばな山本さんを
メンバーが思い出しながら描いた似顔絵も、どうぞ!
山本さんの顔


2008.2.22 matsuo

アトブラ絵画作品の出来上がるまで

今日は
「アトブラの絵画作品ってどうやって出来上がるの?」
というご質問に、できるだけ具体的にお答えしてみたいと思います。
少しずつ変わって来た工程ではありますが
今はこんなカンジでやっています。

1、メンバーとスタッフでパネルに紙を水張りをする、まとめて何枚も。
(紙をサイズにカット、板パネルと紙を水で濡らす、水張りテープもカット、紙がのびるのを待って水張り、乾燥させる、たまに張り直しもある。)

2、画材になるものを見つけて、または注文に応じて、制作開始。
(例えばビン、自分で撮影した、選んだ写真、スケッチに行って描いた下書きからということもある。描くパネルサイズ決定、画材もおおかた決める、机の上に用意してスタート)

3、黙々制作、時々脱線、しながら完成への道程を行きつ戻りつする。
(スタッフを含め、仲間の声やお客さんが制作中の作品や材料について何か言ってくるのも聞こえてくるよ。自分から意見を聴くこともある。)

4、完成は自分で決める、しかしこの時がアトリエ全体に作品が迎え入れられる瞬間でもある。
(アトリエ内に完成が承認される瞬間、みたいなものがあるのかも、これは人によって違う気がします。完全に乾燥させたらほとんどの作品はサインが入れられる。画材によってはスプレー掛けされる作品もある。)

5、タイトル、日付、サイズ、作家名を、パネルの横とノートに記入するのは作家の仕事。リストを完成させるのはスタッフの仕事。
(その後しばらくはアトリエの片隅で段ボールの中、壁際に立てかけ、などで作品は撮影を待つ。)

6、後日アトリエ内にカメラマンさんを呼んで、まとめて作品撮影が行なわれる、メンバーも撮影を手伝う。
(このあと、作品展などにて作品はデビューしていく。)

7、その後板パネルから作品が剥がされる(スタッフの仕事)と、板パネルの縁のテープをきれいに剥がす作業はメンバーの仕事。
…その後1の水張りの工程に戻る。

と、こんなカンジです。
いつか写真入りにしたい記事で〜す。

2007.8.13 matsuo

1

ご意見・ご感想

メールにてお待ちしています。

検索

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

カテゴリー

アーカイブ

リンク

モバイル

qrcode