TOKYO遠征最終日、次への希望。

昨晩の余韻をここちよく思いながら
でも、もう今日は福岡に帰る日です。

明け方までCHUBBYだった店主 高木啓至さんと
アトブラ小林曰く、”音の美人”太田友紀さんが
チェックアウトの時間にホテルに駆けつけてくださいました。
別れの朝1 別れの朝2
樋渡さんが代表で御礼を申し上げています。
御礼だけでなく、これからもヨロシクを忘れないところは
さすがの営業部長です。
友紀さんからお手製の刺繍入り布バッグをいただきました、
昨日の日付が入ってる、いつも昨日のことがよみがえるね、
イベントの度に連れて行く釣り銭バッグとして
またこの場所に戻ってくる次の時まで使うこと、決めました。

昨日出来なかった記念撮影、
別れの朝3
駅まで一緒に歩いたこと、そして
ちぎれるほど振った手、
忘れない。
別れの朝4


センチメンタルは
電車に乗ると「全員無事で帰るまで」という使命にかき消される駅の人ごみです。
ニューヨークの旅では、危険がいっぱい外国仕様テレビ局的移動
すなわちタクシー移動がほとんどだったけれど
今回はそうは行きません、
それを見兼ねての道案内ヤマモトさん登板、
そして片手にはビデオカメラ、まさに神様です。

浅草へ、
浅草
あ、龍だ、仁王だ、TVで見たとこだ!
おみくじで大吉、やったね。
おみくじ三谷
お昼ご飯で休憩してから午後は
かっぱ橋へ。
かっぱ橋のろう細工

当然携帯カメラ構えて張り切るメンバー、見失いそうです。
同じようなお土産に目移り、視界から消えます。
陽射しが強くて、飲み物です。
そうすると頻繁に、トイレです。
何が食べたい?どこへ行きたい?

彼らの望む自由度の高い時間を過ごそうとすればするほど
いつものことながら苦労は耐えないのですが
よく見れば彼らだって
我々の時間に合わせようと苦労しながら歩こうとしているし
他のメンバーの動きを気にしながら助け合っています。
「ビービー泣くな!」と言いつつも荷物を持ってあげたり、
誰かが買い物する時ちゃんと時間を潰す方法を身につけています。

それをよ〜くわかっているヤマモトさんのナビは
彼らの趣味を反映する道選び、臨機応変なスピード、
スタッフは学ぶこと多し。


そして羽田へ…、早かったこの三日間
チェックインして買い損なったお土産も確保して
ヤマモトさんとお茶しました。
羽田お茶
が、そこも次なる目論みの会議にすり替わる、
アトブラの野望はまだまだ続くのであった。
そろそろヤマモト映像のファイティングラブ版が
CHUBBYにて流される予定です、
皆さん、是非観に行ってくださいね。
次なる希望へ。

飛行機の中は戦いの疲れが
みんな寝てるな〜、と思ったら
一本のシートベルトにくくられた仲良し聖子ちゃん人形
はい、ポ〜ズ!
聖子と人形シート<br />
ベルト





2009.7.1 matsuo

この記事のトラックバックURL
トラックバック

ご意見・ご感想

メールにてお待ちしています。

検索

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

カテゴリー

アーカイブ

リンク

モバイル

qrcode