江戸時代てぬぐい発売中!

JUGEMテーマ:アート・デザイン


久々の新作てぬぐい情報です!
近良輔さんの描く「江戸時代」てぬぐいが
今月(2014年9月)より発売開始となっています。

今回は注染という染め技法を使ったもので
宮城県仙台市の(株)武田染工場の職人さんが
ひとつひとつ手染めしてくださっています。
使い続けることで程よく色が抜け肌ざわりもよくなるそうです。
末永くご愛用くださいませ。

作家、近良輔氏
歴史大好きな彼の歴史上の人物に対する深い愛と尊敬は
ここで私などが言い尽くすことなど出来るはずもなく
ただ、彼の描く絵をお見せするのみ、

徳川の天に虎にあり剣


真田幸村竹田城


平清盛


月かげに世は情けの城


新撰組になり


歴史にのった白いうま


白き虎 春日山に上杉の虎 毘沙門天とよばれる

三ヶ原の谷の合戦


豊臣秀吉と天下のの天王山

…とかなりの枚数の絵が歴史を語る。

その近氏が思い描く、大好きな徳川家康のいる江戸時代を
手ぬぐいの図案に落としてみました。


江戸時代、ここは僕の故郷静岡の駿府城下町
農家の男が田植えをしている 植えた苗は育って実り米になる
猿と人が太鼓や鈴で芸をしている 旅をしている山賊がそれを見ている
山の上には林がふたつ、もうすぐ雪が降る
親子が畑をやっている 大根、キュウリ、茄子が四本、モグラも一匹
嵐の時もある 風にのって弓使いとヤギが空を飛ぶように駈けている
太陽があり、うろこ雲、猫が1匹、カエルが2匹、犬1匹
お坊さんに、強いサムライ、駿府城に届け物のサムライ
スイトンの術の忍者猿飛佐助
カニと並んで魚を釣る男、魚を狙うカラス、森にはフクロウ
中央でフォーク頭だけれども徳川家康が、平和にしようと願っている
近 良輔


「江戸時代」てぬぐい
桃・空・白紺 各1.200円(税込)

(2017年6月より価格改定しています。以前の価格は1,300円でした。)

色:桃・空・白紺
素材:綿100%
サイズ:34cm×88cm
商品の性質上、摩擦および水濡れで
色移りするおそれがあります。
お洗濯の際にはお気をつけください。
手洗い陰干しをお勧めします。アイロンは霧吹きを。
タンブラー乾燥や漂白剤の使用はお避け下さい。

JOY倶楽部にて販売中!
いろんな店舗でもこれから取り扱いになると思います。
是非お手にとってお確かめくださいませ。

チラシはこちらの下のpdfファイルをダウンロードしてください。





ご意見・ご感想

メールにてお待ちしています。

検索

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

カテゴリー

アーカイブ

リンク

モバイル

qrcode