ウォールアート第三弾!よ〜し、一人で壁一枚だ。

2007年10月16日、
もうアトリエは陶芸の作品展準備におおわらわな中
全員でウォールアートに数日掛けて出掛ける余裕もなく
実際、前の壁画あたりから
どうもひとりひとりの絵の良さが同じ壁に並んでしまうと
うまく出てないのではないか、という疑問も出てきて

今回一人の原画採用で、選抜隊を結成することにしました。
陶芸展が間に合う人に下絵を描いて貰った中から
この壁ならばと、朝から、近藤純平さ〜ん、そしてスタッフ原田さ〜ん、
午後から、アシブラ隊は九州デザイナー学院の皆さん
そのあとから、樋渡さん、高田さん、松尾の応援
それに夕方、赤坂小学校の皆さんで、出来上がりました。

場所は紺屋町商店街のテムジンから西に少し入って
左手を振り向きざまに見える駐車場の壁です。

マンション駐車場壁、近藤

近藤壁アシブラ隊と 近藤壁前で万歳
アトリエで描いた下絵は、中に鳥や人も入っている瓶4本
でも現場を見て、壁のオーナーさんの注文も聞いての色や形の再検討、
さすがアトブラの最初からのアーティスト、近藤!
アシブラ隊にお願いする指示も、ちょっと照れながら的確に
そしてアシブラ隊も慣れたもの、信頼関係が出来上がっていて
「これ、こういうふうにお願いします。」「ハイ!」
「こんな感じでいいですか?」「ハイ!」
我々が到着した午後2時には
ほとんど完成間近ってくらい進んでいました。

そこからは、より完成度をあげるための仕事が積み重なり
そして地元の小学生たちの筆が入って愛情も深まり
通りがかりの人々は立ち止まっては嬉しそうは表情で話しかけてきて
壁のオーナーさんはたいそう満足気

黒田征太郎さんとのアートライブまであと少し、でもあった時に
ちょっと自信をつけたペンキまみれの近藤さん
くたくたになって帰る後ろ姿は、なかなか男前でした。

2007.1.11 matsuo



ご意見・ご感想

メールにてお待ちしています。

検索

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

カテゴリー

アーカイブ

リンク

モバイル

qrcode