絵本「タンタカとリンドン」原画展 in ナナカフェ

現在開催中、絵本「タンタカとリンドン」の原画展

cafe dining bar 7 (カフェダイニングバーナナ)
福岡市中央区大名1-10-10 KIビル3F
TEL:092-714-7215
2008.4.20(月)〜4.27(日)
11:30〜26:00(月〜土)〜24:00(日)水曜定休
http://www.cafediningbar7.com/

以下、二十日搬入の朝の撮影
絵本の絵で甘くなるかと思いきや
底力の見える展示になったかと思います。

あくしゅ

カウンター左 カウンター上

左手の左側 右手の右側

スファーコーナー タンタカとリンドン


後日撮影の追加写真も、グッズコーナー、手前が新作グッズ、向こう側に絵本が。
7販売

そして、アトブラ×7のTシャツ、お仕事されてる皆様のために。
7T前 7T後ろ

 
初の絵本原画展を
熱い、熱い、ここナナカフェで出来たことを
嬉しくかみしめる朝でした、
このあとニヤニヤしながら
SONESのアートライブ設営へと向かったスタッフです。
「タンタカとリンドン」絵本原画展 ごあいさつ
                      於:cafe dining bar 7
                      時:2008.4.20(火)〜27(日)

エルガーラホールでのステージイベント「絵と音と今ココに生きている」で
共演者の黒田征太郎さんから「絵本を出しましょうよ」という発言から3年。
その想いを、企画のグレイトフルパパさんが、
後援の西日本新聞社が、作家の伊集院静さんが、
ほかにも本当に多くの方たちが大切に繋いでくださって生まれた絵本
「タンタカとリンドン」がついに完成、出版のはこびとなりました。

アトリエ ブラヴォ にとって初めての絵本にふさわしく
そのお話はJOY倶楽部のメンバーたちや
共鳴してくださる多くの方々の姿が描かれているようにも受け取れます。
メンバー8名の絵がストーリーにあわせて
制作の常である描き直しも含め
絵本の1ページ1ページとして充実していく様は
彼らが今まで歩んできた道にも似て頼もしいものでした。

それがだんだんと形になるにつれ
手元にあった原画一枚一枚が持つ力も、あわせて皆様にお伝えすることが
施設としてもうひとつ我々に出来ることではないかと動き出すと
本当に多くの方々が力を貸して下さって
このような原画展を持つことが叶いました。

今回生まれた絵本が
私たちの手をはなれ多くの方々の手に渡る時に伝わるメッセージ、
このメッセージに原画たちの熱が加わって確かなものになる、
そういう夢を見せてくださる皆様に感謝して
今日もメンバーとともに日々をおくりたいと思います。
絵本の最後の文章は
「さあ一緒にはじめよう。」なのです。

                    JOY倶楽部プラザ 職員一同




絵本の発売に関してはアトブラからの絵本のお知らせをご覧ください。


さあ、今からが勝負です、

今回展示されたのは選り抜きの21点
(これが全部入るとは、、画廊並みの箱、ナナカフェ!)
他の絵も加えた中から
その箱に合った原画が選ばれていっての
各地での原画展ができれば、と思っています。

手元に唸る原画たちに、まだ待てよ、となだめながら
額の準備を進める我々です。
皆様こちらの方もよろしくお願い致します。



2008.4.23 matsuo


ご意見・ご感想

メールにてお待ちしています。

検索

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

カテゴリー

アーカイブ

リンク

モバイル

qrcode