勢門幼児園パワー1

福岡県糟屋郡篠栗町にある勢門幼児園
幼児園って?と私も思いました、
0歳から預かる保育をされていました。
今ある園舎は神社の横の昔懐かしい感じの
泥んこになれる園庭、水浸しになれる水場、
丈夫だけど壊れることも教えてくれる木やコンクリの壁や床、
本当に素敵に「育つ場所」です。

そこが今度もう数百メートルだけ傾斜面から降りた
小学校と児童館の間の土地に移転することになったのです。
工事中のりっぱな園舎は夢がいっぱい詰まっていました、
その壁にアトブラが絵を描くことになって、光栄です。

NY代休明けの日が木曜日、そして2008.6.20(金)が勢門壁画第一日目
勢門工事中 勢門ランチ2
あいにくの雨で制作初日は屋根のある壁だけの制作にとどまりましたが
今の園舎にお邪魔して皆さんとランチをいただきました。
勢門ランチ4 勢門ランチ

ここの子どもたち、ホントにイイんです。
ほら、顔に出てるでしょ、
本当に、どこまでも恥ずかしがりやで、どこまでもやんちゃで、
どこまでも好奇心旺盛で、ひとなつっこく、
いたずらで、掟破りで、やさしくて、
土と汗と太陽と雨と、力強く遠くで見守る大人の匂いのする…
勢門ランチ後撮影
アトブラも彼らにしてやられました〜。

そして初日に仕上げた玄関靴箱の上の、
左から、高田、二匹の犬は兄妹、
川上、マンモス、
小林、グリーンマン(園の「五つの芽」より)、
本田、これも園の「五つの芽」からのイメージです。
勢門一日目
『この世に生まれた以上は幸せになりたい、
 自分の中の生命力と能力を大きく精一杯に育てたいと
 子どもたちは誰に言われなくてもそう望んでいます。
 ちょうど地に落ちた一粒の種が、
 誰に強いられなくても精一杯に枝葉を伸ばしてゆくように。
 自分の中にある伸びよう、育とうとする力がそう願わせているのですね。 子どもたちの『力』を信じましょう。
 まっすぐに伸びようと、育とうとする力を信じ、
 ありのままの姿を受け入れてあげましょう。
 「そのままでいいんだよ」って。』

…これって、勢門幼児園のホームページにある
園長先生のお言葉です。
お父さんから二代目の、お若い園長先生の
想いのぎっしりと詰まった新園舎の壁に
アトリエ ブラヴォ が描かせて頂くしあわせよ。

壁は壁画のために表面が平になっていたものの
新素材は丈夫で長持ち、裏を返せば吸い込まない、
繰り返し塗っても定着が厳しく
工事中を良きことに大型扇風機を借りたり
RKBスタッフさんや、今やアシブラ隊長?norryさんに手伝って貰っての
ようやく完成となりました。

朝は天気を見合わせるかどうかで全員で乗り込んだこの日でしたが
午後から一部は解散、後日の制作スケジュールを組みました。

続く二日間、梅雨まっただなかですが
今迄雨で完全に潰れた日などないアトブラですから、
というわけで
お楽しみに!!!

2008.7.9  matsuo





ご意見・ご感想

メールにてお待ちしています。

検索

カレンダー

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

カテゴリー

アーカイブ

リンク

モバイル

qrcode