アトブラ×チャビーのSIGGボトル、限定発売情報!

このブログの206.12.6
『オリジナルタンブラーデザイン展』に出しました。
の、つづき
CHUBBYより、すごいボトルが届いたのだ!
モデルさんに、くりりん、くりりんと、回っていただきましょう。
SIGGボトル1sIGGボトル2
SIGGボトル3sIGGボトル4

おもわず空を眺めながらプハーっとやってみてしまいます。
sIGGボトル川上

この色はブルー
全6色あって、他に
グリーン、パープル、アルミ、レッド、ダークブルーがあります。

CHUBBYのブログにもっと鮮明な写真が全色掲載、
Leave Word『AtelierBravo×CHUBBY』SIGGボトル
購入情報までしっかりとチェックしてくださいませ。

いったんタンブラーデザイン展にて扇形の紙にデザインし
なんと選考に残って
その上CHUBBYさんが商品化してくださるという話から
SIGGボトルっていうまた違ったカタチ、素材、色や光沢になって
そのためにいろいろ調整が入りました。

東京で現物のボトルを手にしているCHUBBYさんと
福岡は本拠地なれどこのデザイン期間中も旅が仕事のようでもあるzerokichiさんと
福岡でアトリエから出来るだけ注文に応えようとするアトブラと

我々にとっては、とってもおもしろいお仕事でした、
他はタイトな時間にタイヘンだったことでしょう。

アトブラにはzerokichiさんから
「こんなふうにやってみて。」というご注文が来て
だったらこんなふうに返してみようかってイロイロやってみて
その中から選ばれた文字が配置されて色や大きさが変化、
それでもzerikichiさんの手元にボトル現物はないので
光沢や印刷の具合は想像の霧の中
それを補うCHUBBYさん
一連の流れをただデータや文章のやり取りの中
見せていただきました。

とってもスマートに見えて、一筋縄で行こうはずもない
小さなひとこと、ちょっとしたサイズに
秘薬が忍ばせてあるようです。

そして、今回送られてきたボトルを手にして納得、
昨日zerokichiさんにお会いしてお話を伺ってさらに納得!でした。
東京に居合わせたちょうど時に
線の太さの修正をされたとか、デザインチームの凄腕!
やはりデザインって材や技法との関係、
そして何より使う人のため、が大きいですね。

今回の採用は、鳥の絵は近藤純平さん
文字は高田扶美さんでした。
もちろん、沢山のいい絵が生まれました、
何か公開できるチャンスがあれば、です。

何よりも
こんな機会をくださったCHUBBYさん!

CHUBBYさん!!

CHUBBYさん!!!

・・・・です。



今日は仕事納めのJOY倶楽部プラザ、
大掃除のあとの
近くのお料理屋での忘年会
施設長「今年一年間頑張った人は?」
ほぼ全員が勢い良く「ハーーーイ!」

そうだよな〜、
忘れられぬ年の忘年会。



2008.12.27 matsuo


ご意見・ご感想

メールにてお待ちしています。

検索

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

カテゴリー

アーカイブ

リンク

モバイル

qrcode